吉祥寺のバー Bar Woody

15:00〜23:00(LO.22:30)不定休

image

BLOG定休日のお知らせ・日記

 
「田中さんは、古いタイプの「バーテンダー」ですよね?
 
 僕たちは『ミクソロジスト』なんです。
 
 作るカクテルも全然違うのです!」
 
・・・と言っている「ミクソロジスト」の居るバーがあると、或る知り合いから教えてもらった。
 
もう半年以上も前のことである。
 
何だか、釈然としない物言いである。

 
 
「真空管アンプで1950年代のブルースを流しているバーに、新しいも古いもあるかぁっ〜!!!」
 
・・・と言いたいところではあるが、最近はもうおじいさんの歳に近づいて来てしまったので、一応若いやつらの話も聞く様にはしている。
 
私の知らない物の考え方もあるので。
 
 
『ミクソロジー』カクテルはもう何年も前に西荻窪の『ロマンチカ洋酒店』で、カクテルを数杯頂いて、
「うわ〜、スゲェなぁ〜。美味いかも・・・」
と思って以来、口にしていない。
 
 
昨年だったか、朋友の伊藤学氏と
「西新宿の『ベン・フィディック』に行きたいんだけど、コワイから一緒に行きませんか?」
などと話しはしていたのだが、その伊藤氏も先日『ミクソロジー』のお店に入店されて、「ちょっと落ち着いたら、伊藤さんにいろいろ教えてもらって、それから、かのお店に行ってみよう・・・」
などと考えて、しばらくそのことは忘れていた。
 
 
先日、店の帰りに、何と言う訳でもなく帰り道なので、そのお店の前を通ったら、「何と!」もぬけの殻になっていた。
 
多分、数千万円もかけて作ったであろう内装だと思うのだが、三年経ったか経たないかである。
 
 
「言ったことの落とし前つけろよ!」
・・・という感じである。
 
 
残念この上無い・・・。
 

しがらみますな。
 
 
 
写真は、ボクシング『WBC世界フライ級チャンピオン』の比嘉大吾印の「石垣島のラー油」と「ミネラルウォーター(非売品)」。
 
当方の下のスナックのママさんと大吾君は親戚とのことで、大吾君がママさんの処に遊びに来たら「マスターっ!!!」と言って遊びに来てくれる。
 
カワイイやつである。
 
大吾君はお酒は飲まないようで、いつもジュースかノンアルコールカクテルである。
 
9月の初めぐらいに来てくれた時は、「減量、本当に辛いんですよ!」と半泣きで言っていた。
 
数日前に大吾君のマネージャーさんとお会いした時には、「今回は減量がとても上手くいっている。」とのことである。
 
「試合よりも減量が辛い!」と真剣に言う大吾君である。
 
今月22日の初防衛戦が楽しみである。 


 

Woody TOP